スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シゲと祐子の物語 8




シゲ目線







あれ?




さっきまでベンチに座ってジュース飲んでた祐子がいない。




ちょっと辺りをキョロキョロとしてみる。





「・・・・・・・・・・」





ナンパされたのか・・・・・。




男に手を握られて歩いていく祐子を発見。




まぁな。




あいつ、ナンパされたかったわけだし?




あいつの望んでたことだし?




よかったじゃん。




オレは隣で話しかけてくる知らない女を無視して、読んでいた本に目を落とした。









「・・・・・・・・・・・・」









祐子の行った方向って・・・・・・。





あの先は確か・・・・・海水浴場じゃなくて、ひとけのない岩場だよな・・・・・。





カップルなら人の少ないとこでいちゃいちゃしたいよな・・・・。




別に?




オレには関係ないけどさ。




それに祐子だし?




何かあっても無傷で帰ってきそうだし?




助けとか?




助け?




なんでオレが祐子の助けに?




そんなの必要ないだろう。







そんなこと考えながらも、なんとなく嫌な感じがしてならなかった。























スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

えみむし

Author:えみむし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。