スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シゲと祐子の物語 1

設定  加藤成亮(高3)
     手越祐子(高3)

     増田貴久(高3)
     みく(増田の彼女、年上)
     小山慶一郎(高3)






なんとなーく、増田目線でいきます(笑)








「海、行きたーい!!」



祐子が突然言い出した。



「気づいちゃったんだよね~」って、指に髪の毛をクルクル巻きつけながら祐子が続ける。













「祐子ぉ、このままじゃあ、高校生活彼氏ナシで終わっちゃうーーーー!!」














その場にいた全員がガクっとしたことはいうまでもない。



「お前・・・・・・何言ってんだ?」

シゲは冷ややかな目で祐子を見た。

そんなシゲを気にもせず、祐子は口を開いた。

「だってぇ!!彼氏ナシなんてありえないもーん!!」

顔を膨らませる祐子に小山が言った。

「まぁまぁ。でもさ、祐子はさ、オレたちと一緒にいるから男できないんじゃないの?」

ごもっとも。

オレも頷く。

「そんなのカンケーないよー!!みんな見る目がないんだから!!」

プリプリ怒りながら祐子が言い放った。





「いい男みつける!!だから、海に行くよ!!」















スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

えみむし

Author:えみむし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。